alt5番目

自由に建てる

モダンなデザインの家

今は賃貸物件に住んでいても、いつかはマイホームを手に入れたいと考えている家庭も少なくないことでしょう。
マイホームは大半の人にとって人生で一番高い買い物になるといわれています。
そのため、住宅ローンを利用して購入することが一般的です。
身の丈に合った物件を購入しないと、ローンが返済できずにせっかくのマイホームを手放さざるを得なかったり、返済に追われて生活に余裕がなくなってしまうリスクがあります。
お得に物件を取得する方法としては、中古物件を購入するといった手法があります。
新築物件は販売業者や施工業者の利益が乗った価格で販売されるため、購入直後に少なくない割合で資産価値が下落します。
しかし、中古物件の場合はそうしたリスクが少ないのが一般的です。

戦後、人口も増加し経済も右肩上がりの時代にあっては、住宅ローンを組んで新築物件を購入することが一般的でした。
また、バブル崩壊の前までは不動産価格は下がることはないといった神話も生まれていました。
しかし、今後の人口減少社会にあっては、都心などの一部地域を除いて、将来の不動産価値は下落する可能性も指摘されています。
また、物件も供給過多になるという見方が一般的です。
これまでは日本では中古の不動産市場というのはあまり活発ではありませんでしたが、近年では優良な中古物件も増えている傾向にあるといわれています。
限られた予算でマイホームの購入を考えるにあたっては、新築だけでなく中古物件を選択肢に入れるべきであると考えられます。