alt5番目

交通の機関

モダンなデザインの家

家族を持ち、子供が生まれるとマイホームを購入したいと考える人が多いようです。
あるデータによれば、家族住まいで家(一戸建てとマンションを合わせての数)を持っている人は70パーセント程と言われています。
親から譲り受けた家もあれば、自分たちで購入した(建てた)家もあります。
7割が自己所有の家で3割が賃貸という結果です。
では、家を持っている人のうち、一戸建てとマンションではどちらが多いでしょうか。
これは地域によっても異なりますが、全国平均では一戸建てのほうがやや多く、57パーセント程だということです。
郊外や田舎の方では一戸建てが多く、都心部ではマンションが多い傾向です。
理想の住宅を手に入れるには当たり前ですがお金が必要です。
しかも家の購入の時期は、損をしないためにこれからの時代の動向を見極めて綿密な計算が必要になります。

一戸建てを建設する(購入する)に当たって知っておきたいこととは、損をしないための知識です。
多くの人にとって家は一生のうちで一番高い買い物となるはずです。
そのためには後悔しないように、しっかりと下調べをしておくのがベターです。
この国全体で言えることは、今後の傾向としては新築の建物自体の値段は上がっていくと言われています。
その理由原材料費の高騰にあります。
政府のインフレ政策の影響もあると言われています。
ですが、都心部をのぞき、土地は軒並み下落する予想です。
空家が増えてることを考えると、需要に対して供給過多になっており、土地の値段は下がっていく見込みです。
以上をまとめると、建物は上昇し、土地は下落しますが、どこに家を建設する(買う)かによって違った結果が出てくるのです。